映像ソフト事業

エンタテインメント性の高い映像コンテンツを創造します

劇場映画・テレビドラマ番組・アニメーション作品・Web関連映像の企画制作、テレビCMを中心とした広告制作、ミュージックビデオを主とした音楽映像制作のほか、各種映像コンテンツのライセンスビジネスを行っています。個々の分野で確かな実績をあげるとともに、クロスメディアコミュニケーションへの対応も展開しています。

事業内容

  • 映画、テレビ番組、アニメ、Web映像等の企画制作
  • テレビCM等の広告制作
  • ミュージックビデオ、ライブイベント等の音楽映像制作
  • 各種映像コンテンツのライツビジネス

特長

先進のクリエイティビティーが求められるコンテンツ業界で、CM制作ではナショナルクライアントの案件を多数受注し、劇場映画では大ヒット作品「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどを企画・制作するとともに、「踊る大捜査線」「海猿」シリーズなどの大作を制作するなど、コンテンツ業界を牽引しています。

ライツビジネス

「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどの自社企画作品や、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」「海猿」シリーズなどの制作受託作品へ出資し製作委員会に参加しています。また、2009年に米国アカデミー賞を受賞した短編アニメーション「つみきのいえ」や、TOHOシネマズのGift Movie「紙兎ロペ」など、話題のオリジナルコンテンツも多数制作しています。

3Dプロジェクションマッピング

3Dプロジェクションマッピングに注目が集まるきっかけとなった、東京駅のイベント「TOKYO STATION VISION」を始め、全国各地の様々なイベントの映像制作を手掛けています。建物などの物体にプロジェクターで映像を映写するこの技術は、地域イベントの他、新車発表会などの広告手段としても活用の場が広がっています。

社員クリエイター

「踊る大捜査線」シリーズや「海猿」シリーズ、「タイムスクープハンター」の監督をはじめ、社員として数多くの監督、演出家、プランナー、アニメーター、脚本家を抱えており、あらゆるメディアに対応したコンテンツ制作力が大きな武器となっています。

グループ会社