2013年度

各位

2014年02月28日
株式会社イマジカ・ロボット ホールディングス

IMAGICA が小津安二郎監督カラー映画4作品のデジタル修復作業を担当
~松竹株式会社と東京国立近代美術館フィルムセンターの共同事業~

当社子会社の株式会社IMAGICAは、松竹株式会社と東京国立近代美術館フィルムセンターの共同事業で小津安二郎監督生誕110年・没後50年を期して実施された、小津安二郎監督カラー4作品(「彼岸花」「秋刀魚の味」「秋日和」「お早よう」)の映像のデジタル修復作業を担当しましたので、お知らせいたします。

デジタル修復作業は、原版フィルムの様々な物理的瑕疵の修復を行い、全てのフレームをデジタル化(スキャニング)するところからスタートします。貴重なフィルムを安全に走行させることを可能としたシステムを用いてデジタル化し、傷やゴミなどの除去、経年劣化による色ムラの除去を重点的に施しました。色調と音声は、当時作品に関わった川又昂撮影監督、近森眞史撮影監督、田中康義監督監修の元、小津監督の製作意図に忠実に修復を行いました。

その後、同じく当社子会社の株式会社IMAGICA ウェストで、プリント作成を実施しました。

当リリースのPDFはこちら(454KB)

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社イマジカ・ロボット ホールディングス 経営企画本部 総務部
TEL:03-6741-5750  E-Mail:press@imagicarobot.jp

以上