2015年度

各位

2015年04月09日
株式会社イマジカ・ロボット ホールディングス

IMAGICA カラーマネジメント技術を活かしRec.709色域外警告3D-LUT開発
EIZO株式会社の4Kモニター新製品に採用
~表示デバイス間の色再現性を補正~

当社子会社の株式会社IMAGICAは、映像制作における独自のカラーマネジメント技術を活かし、ITU規格Rec.709色域外警告3D-LUT(3D ルックアップテーブル※1)を開発いたしました。この3D-LUT技術がEIZO株式会社の新製品である4K液晶モニターに採用されましたので、お知らせいたします。

現行のハイビジョン放送における表現可能な色域は、ITU規格Rec.709が基準とされていますが、次世代UHD放送では、より広い色域を持つITU規格Rec.2020が基準となります。このたび開発した3D-LUTは、ITU規格Rec.2020で制作した色表現のうち、ITU規格Rec.709のディスプレイで再現できない色を判別するためのものです。

当リリースのPDFはこちら(645KB)

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社イマジカ・ロボット ホールディングス 経営管理本部 企画部
TEL:03-6741-5742  E-Mail:press@imagicarobot.jp

以上